ワイビルドとの出会い

モデルハウスで住まいのイメージをつかみましょう。そして、重量鉄骨ならではの建築現場の見学会にもぜひご参加ください。実際の建築現場を見ておくこと は、具体的なイメージやハウスメーカーの家づくりに対する姿勢がわかります。そして、わからないことや疑問に思うことをお聞きください。 また、困っていることなど、どんなことでも、ご相談ください。 本当に心から安心でき、人に優しい住まいを常に追求しているワイビルドの住まいづくりへの情熱を感じてみてください。

土地情報

ワイビルドでは土地探しからお手伝いを致しますので、ご希望のエリア・ご予算などをお気軽にお申し付けください。もちろん、すでに土地をお持ちの方も、気になっていることをどんなことでも結構ですのでお申し付けください。敷地の情報に基づいて、ご要望はもちろん、日当たりや通風も考慮し、生活スタイルをも含めたプランを作成します。

リスニング

まずは、ご家族みんなのご意見を出し合いましょう。無理だとあきらめないで、そのすべてをお聞かせください。難しいご希望も、予算に応じて色々な方法を見出したり、工夫をこらしたり、住まいづくりのプロとしてさまざまなご提案をいたします。

プレゼンテーション

ご希望の坪数や部屋数などをふまえたプランをご提案します。重量鉄骨ならではのプランニングをご覧ください。しかし、一回目の提案で100点満点をいただくことは稀です。このプランをたたき台として、より良いものを一緒に創り上げましょう。また、ご予算に応じての、プランや仕様の変更など、お見積や資金計画、ローンのご相談などのお打合せも行ないます。より良い住まいをより安くと、ワイビルドは価格でも頑張っています。鉄骨住宅なのに、この値段!と納得価格をご提示します。

設計委託契約

ラフプランと概算の資金計画で、ワイビルドの住まいづくりに共感をしていただきましたら、設計委託契約をお願いします。この設計委託申込は、建築請負契約ではありません。それに到るまでの詳細を詰めるために必要な諸作業の委託契約です。敷地と環境調査・地盤調査・法規チェックと各種の申請機関への事前相談。それに基づく詳細設計・構造計算・確認申請。付帯工事の設計、提案、その詳細見積と、資金計画、ローン事前相談などがそれにあたります。安心の住まいを手に入れるために、非常に大切なプロセスです。営業担当者に加えて、設計担当者がお打合せに同席し、本格的な設計作業に入ります。

敷地と環境調査

敷地にはさまざまな条件がくっついています。法的な建築規制をはじめ、周辺環境によってもプランに制約があったりします。ライフラインが敷地内になかったり、隣地との高低差があったり、境界線が確定できなかったり、敷地の状況で予算も大きく変化します。希望の建物が建てられなかったり、思わぬ出費が必要だったりと、後で困らぬように事前の綿密な調査は必要不可欠です。敷地調査に基づいて、法規制や周辺環境への配慮はもちろんのこと、構造チェックや、予算なども考慮した最適な提案をいたします。

地盤調査

「地震大国・日本」に家を建てる以上、その建築地の地盤の状態を知っておくことはもっとも重要です。せっかく建てた新築の家が、地盤沈下で傾いたりしたら、眼も当てられません。ワイビルドでは、着工前に必ず第三者専門機関にて、地盤保証付きの地盤調査を実施します。地盤保証とは、調査に基づいた施工を行なったものについて、万一の地盤沈下に起因する不具合に対して、最高5000万円の現状復帰費用を保証するものです。仮に軟弱地盤の判定であっても改良工事などで、対応は充分に出来ますが、その費用が別途必要になります。資金計画にも影響がでることでしょう。早めに調査を行ない資金計画に組み込む必要があります。

プラン打ち合わせ

設計担当者とともに、ご要望を反映させた具体的なプランのお打合せを行ないます。重量鉄骨ならではの、伸びやかな空間。シンプルモダンの洗練されたデザイン。ライフスタイルに応じた素材感のパッケージなど。「夢の住まい」づくりの楽しさを思う存分満喫してください。でも注意も必要。ワイビルドの標準装備は充分に充実していますが、「一生に一度の買い物だし、この際だから、あれもこれもグレードアップしましょう」ばかりでは、予算オーバーは必至です。このお打合せでしっかり、予算と相談しながら、優先順位を固めましょう。設計担当者との相談で良いアイデアが生まれることもあるでしょう。細やかな仕様・設備までキチンと決定し、一歩一歩「夢の住まい」を具現化していきましょう。建物だけでなく、付帯工事などについても、その内容や施工範囲、予算など細かく選定して確定させていきます。

ご契約

プランやお見積に、ご納得いただいたうえで、建築工事請負契約書に、ご調印していただきます。確定図面による構造計算や確認申請図面、施工実施図面、仕様仕上決定書などの作成に取り掛かります。さらに、インテリアコーディネーターがお打合せに加わり、内装やカラーリングのお打合せに入ります。

融資の申し込み

プランが決定し、ご予算と資金計画のすべてを確定させたら、融資の申込を行います。面倒な手続きは、お客様のご協力の元、営業担当者がすべて代行します。安心してお任せください。

プラン確定

出来上がった、確定図面のチェックをしていただき、お客様のご承認をいただいたら確認申請準備に入ります。確認申請用の設計図書や構造計算書、その他の申請書類や添付書類は、建物のお引渡し時にお客様へお渡しします。

確認申請提出

建築確認申請を提出します。建築基準法がより厳しく改正されたため、現在は、約一ヶ月半程度の日数を必要としています。

最終確認

確認申請図書がすべて出来上がった時点で、お客様を交え、営業担当者、設計担当者、工事担当者と最後の確認作業をします。工事担当者から、今後の工程と現場の進行状況についてのご説明をさせていただきます。

確認申請許可

これまで、じっくりと練り上げてきた「夢の住まい」が、いよいよ具体化します。さあ!着工です。

解体工事着手

既存建物がある場合は、まず解体工事から着手します。更地の状態で、再度、建物の配置場所で地盤の再調査を行ないます。

地鎮祭・地縄

工事の無事と安全を祈願します。(省略する場合もあります)地縄を張り、配置図に基づいた建物の位置を確認します。必ず立ち会っていただき、道路や隣地との距離を確認してください。また、工事中は何かとご近所に迷惑を掛けるものです。工事担当者とともに挨拶廻りをしておきましょう。

着工

軟弱地盤の判定が出た場合には、杭工事、もしくは、改良工事を行ないます。地盤判定が良好で改良工事等の必要がない場合、もしくは、改良工事終了の後、基礎工事に着手します。ワイビルドでは、安全な住まいに配慮した、確実な施工を履行するために、自社の現場検査のチェックだけでなく、ここで、第三者の住宅検査機関に厳しい現場検査を行なってもらっています。基礎の配筋などは、素人が見てもよくわからないものですが、お客様に代わって厳しくチェックしてもらいます。もし、チェックに引っかかった箇所があれば、即座に是正対応を行ないます。また、その報告書も後日、お客様にお渡しします。 また、第三者検査機関は、現場検査の結果を評価して、優良な施工の場合には、瑕疵保証を付けてくれます。

上棟

いよいよ「夢の住まい」がカタチになっていきます。ワイビルドの堅牢な重量鉄骨のフレームが立ち上がったときに満足感と安心感がしみじみと湧き上がるはずです。工事が進んでいくと、図面ではイメージできなかったことが形になって見えてきます。我が家に愛着も湧いてくる頃です。ここでも、第三者検査機関による厳しいチェックが、鉄骨の構造躯体に対して行なわれます。確認申請許可を与えた機関からも、確認申請通りの施工がなされているかの中間検査が行なわれます。建築中の現場を工事担当者が巡回し、進行状況を確認。必要に応じてお客様に随時ご報告をいたします。是非、現場には足を運んで見てください。わからないことや疑問があったら、工事担当者になんでもお聞きください。

中間各種検査

内装の壁下地が出来上がる直前に(職人が作業している平日ですが)、お客様に現場の立会いをお願いしています。図面に書かれているスイッチやコンセントや照明器具の位置は、イメージしにくいかもしれません。実際の現場で、ここにスイッチが、あそこにコンセントが付く、というのを体感して、使い勝手をイメージしてもらいたいと考えました。壁が仕上がってからでは、位置を移動させるにも時間と費用がかかってしまうため、このタイミングで確認をしていただいています。ここでも、第三者検査機関による厳しいチェックが、外装や防水、断熱工事などに対して行なわれます。

完成検査

お客様の「夢の住まい」がとうとうカタチになりました。愛着がいつまでも持続する理想の住まいの誕生です。ここでも、第三者検査機関による厳しいチェックが、完成した建物全体に対して行なわれます。さらに、確認申請機関の完了検査を受けます。ワイビルドの社内検査も、随時行なわれています。3重の検査チェックを経て完成した建物の仕上げなどの最終チェックを、工事担当者が行います。

竣工・お引渡し

お引渡しに際して、お渡しするものは、設備機器の使い方のご説明とともに設備機器のメーカーの保証書や、建物部位(防水など)のメーカーの保証書。確認申請などの設計図書と添付書類。施工実施図面(確定図・仕上げ決定書)。ワイビルドの20年保証の保証書。第三者機関の10年保証の瑕疵保証書。(各行政機関などが、まだ必要としている場合などについては、引渡し時ではなく、後日のお届けとなるものもあります)住まいの手引き、新築建物のマスターキーをお渡しして、お引渡しの完了です。

ご入居

そこに住むご家族が、家を愛しんで暮らしていただくことで、もっともっといい家になっていきます。定期的なお手入れも大切です。アフターメンテナンスは、2ヵ月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年・・・と定期点検にお伺いします。末長いお付き合いをよろしくお願いします。